ブルーレイ全録レコーダー、 全力でオススメします。

らいさん(50代男性)から

パナソニックブルーレイレコーダーの

商品レビューです。(DIGA DMR-BRX2020)

こちらもチェック

Amazonおすすめのブルーレイレコーダー

この全録レコーダーが我が家にやってきた日から、明らかに生活が変わりました。

私はそれなりの歳なので

過去にビデオデッキ、

HDDレコーダーを使用してきました。

以下、

簡単なその変遷と

それぞれの機械に感じていた

不満点を述べます。

<ビデオデッキ>

「見たい番組を録画しておけば

後から見られるなんてすごい!」でした。

ただし、

録画したものを保存する場合は

テープの数だけ収納場所が必要でした。

また、録画予約する際も曜日、

チャンネル、開始時刻、終了時刻、

モード(標準/3倍)を選択する必要があり、

テープも空き容量を気にしながら

セットする必要がありました。

<HDDレコーダー>

ビデオデッキの面倒なことが全て解決され、

ここでも生活が変わったと感じました。

テープを入れる必要がないこと。

録画予約は画面に映し出される

TV欄を選択するだけでいいこと。

裏番組を録画する

機能(2チューナー搭載)もあり、

「なんて簡単なんだろう」と思い、

これまで見ることのなかった

番組も録画予約の簡単さゆえに

ちょっと見てみるか、の乗りで

見られるようになりました。

<全録レコーダー>

そして、

全録レコーダーです。2

016年のリオ五輪前に

HDDレコーダーの調子が悪くなったため

購入しました。

当時でも7万円程度だったと

記憶しています。

全録レコーダーはその名の通り、

何をすることなく、

勝手に24時間、

指定したチャンネルを

録画し続けてくれます。

(正確には、1日に8分程度メンテが入り、

その間は録画が止まります。

その時間は勿論指定できます)

ビデオデッキで感じた不具合を解決する

HDDレコーダーでしたが、

この全録レコーダーは

そもそも録画予約する必要が無い、

これは劇的な変化でした。

HDDレコーダーを使用していたとき、

これまで見る機会のなかった番組も

見るようになりましたが、

全録レコーダーはそのレベルが違います。

過去1週間分

(設定により過去何日間、は変わります)のTV欄があり、

それを選択するだけで

その番組が見られる。

実に簡単です。

HDDレコーダー時は

予約も簡単でしたが

それでも「見たい」と思う番組を

予約する必要がありました。

しかし、

全録レコーダーはそれすら不要なのです。

この機種は6チャンネルなので、

私は主要民放4チャンネル

+NHK総合+地元局の設定にしています。

使い始めてから、

もう2チャンネルあっても

良かったかなと

ほんのちょっとだけ思いましたが、

失敗したとは思っていません。

画質も機械おススメのモードで

「6チャンネル1週間分」にしています。

確か8倍速ですが、

HD画質で見られるため

絵が荒いなどと思ったことは

一度もありません。

この全録レコーダーの導入以降、

我が家ではテレビを見る時間が増えました。

テレビ欄を見て、

面白そうと思う番組をかいつまんで見る機会が

格段に増えたからです。

そのお陰で毎週見るようになった

番組も増えました。

また、

リアルタイムで番組を見ることも

ほとんどなくなりました。

CMを飛ばして見るからです。

たとえリアルタイムで

見ることができる時間でも、

後からゆっくり見ることが多いです。

テレビを見る時間が

増えたことには功罪ありそうですが、

ネットで話題になった番組を

後から見ることもでき、

我が家にとっては宝のような機械で、

もうこれなしの生活は考えられないぐらいです。

<まとめ>

テレビ好きな人は絶対に

買って損のない買い物です。

全録レコーダー、

全力でオススメします。

こちらは楽天サイトになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする